小顔と美顔 > ボトックスと小顔 > ボトックス小顔治療のメリットとデメリット
スポンサードリンク

ボトックス小顔治療のメリットとデメリット

ボトックス小顔治療メリットについて。

メスを使用した小顔治療は、ボトックスによる小顔治療の前によく行われていたしわ治療ではないでしょうか。
外科手術による小顔治療が主流で、耳の後ろ辺りの皮膚を切除し、顔の皮膚を後ろに引っ張って縫い合わせるという方法でした。

ボトックス小顔治療が登場した事により、メスを使わずに注射だけで済む様になりました。
従来よりも患者さんの心身の負担が減ったといえるでしょう。
そして数ヶ月でボトックス小顔治療の効果は消えてしまいますので、仮にボトックス小顔治療の術後結果が気に入らなくても、数ヶ月我慢すればまた元に戻っていきます。

ボトックス小顔治療のデメリットについて。
定期的にボトックスを打たなければ、ボトックスの小顔効果を維持することはできません。
表情じわの表情筋がをきにくくし、リラックスした状態をつくるために、ボトックスは筋肉を動かす為の神経伝達物質アセチルコリンの放出を止めるものです。

ボトックス注射は、3ヶ月位経つと神経から新しい運動神経の側副枝が伸びる為、新しくアセチルコリンの放出が始まります。
その為ボトックス小顔治療は、年に2〜6回程度手術を受ける事が必要となるのがデメリットといえます。

表情筋の動きを抑制し過ぎてしまい、表情が乏しくなって、能面の様になることがボトックスの注入量があまりにも多いと起こり得ます。
ですからボトックス注射の経験が豊富なドクターを慎重に選ぶことをおすすめします。

また免疫系の過剰反応を引き起こす事もあるので、ボトックス小顔治療の際は事前によく相談する必要があります。