小顔と美顔 > 小顔ダイエット > 小顔ダイエットで小顔になるためには
スポンサードリンク

小顔ダイエットで小顔になるためには

顔を小さくする時に意識しなければならないことは骨格と代謝、そして心の安定とホルモンの調子です。

顔がむくんで大きく見える要因には、顔の骨格の歪みも関係しています。
顔は本来歪んでいることはないのですが、かみ合わせ等の理由から歪みが出てくることもあるようです。
そのため、顔を小さくするには、かみ合わせからの顔の歪みがないかを歯医者などで確認してみてもいいでしょう。

また、冷え性の改善も小顔ダイエットには役に立ちます。
体が冷えて代謝がダウンすると、体内に水分が滞ってむくみの理由になります。
ホルモン分泌の変化が女性にはありますので、周期的に体調が変わることがあるでしょう。

ストレスも太る原因ですから、イライラした時や体調が優れない時は、リラックスできる良い方法を見つけて、体をいたわってあげてる事が大切です。
ストレス発散は、ダイエット時には特におろそかにできない部分です。
小顔ダイエットに留まらず、リラックスは体調にも代謝にも影響します。

ただし、小顔ダイエットに取り組むことで一定範囲までなら顔を小さくできるかもしれませんが、骨格を小さくすることはできない以上、限りがあります。

小顔に見せる方法は小顔ダイエットだけではありません。
ヘアスタイルやメイクアップ、ドレスアップの方法などで、見た目の顔のサイズを実際以上に小さく見せることが可能です。

例えば、顎が角張っているために顔が大きく見えるという人は、全体的に柔らかいメイクを施し、あごの張った辺りに髪がかかるようにします。
顔の形が丸みを帯びている場合は、髪をやや長めに伸ばし、髪のトップにふくらみを持たせて縦長な雰囲気を作り出す工夫をしましょう。

これらの工夫を小顔ダイエットと平行することで、他人へのイメージは随分変わります。
小顔ダイエットの他にも色や服装などにも気を配ってみてください。