小顔と美顔 > フェイシャルエステ > フェイシャルエステでの注意点
スポンサードリンク

フェイシャルエステでの注意点

エステサロンに行く以上は、大なり小なり何らかの勧誘を受けます。
雰囲気に流されてついつい化粧品を買ってしまったり、深く考えずにエステに入会してしまったりということがないように気をつけましょう。

しつこく勧誘してくるようなエステサロンも少なくないようです。
無料体験コースに軽い気持ちで参加し、その後の勧誘を断り切れずに入会してしまいそうなら、事前によく考えてください。

注意したい点は、勧誘の程度がどうであれ、ほぼ100%勧誘されるはずだということです。
エステサロンに足を向けるなら、多少なりともそのつもりでいた方がいいでしょう。

気が進まなかったのに、断りきれずにフェイシャルエステの契約をしてしまったという時もあるでしょう。
その時には、クーリングオフフェイシャルエステの契約を撤回するといいでしょう。

冷却期間を置くという意味のクーリングオフは、一定期間の間なら無条件で契約取り消しができるものです。
この制度を使うことは、契約書面を取り交わして8日以内ならばいつでも可能です。

また詳しいことがわからず、誰にも相談できる人がいないときもあります。
自力では解決しきれないトラブルに遭遇した時は、消費者生活センターに頼ってみてください。
消費者のために問題解決の手助けをしてくれるところが消費生活センターです。
専門の相談員が配置されており、エステ商品やサービスに関わるトラブルや照会事項などに対応してくれます。
求めに応じて問題解決の突破口を見つけてくれるでしょう。